Home

ロボコップ 1987年の映画

この映画のカタルシスだ。 先日、久しぶりにこの映画を観たが、 やはりcg全盛の今にするとチープ感は否めない。 しかしロボコップのロボット的表現は秀逸。 悪役も本当に憎たらしく、 ロボコップが続々と悪者をやっつけるのは. だから今回はもう可愛い女優さんのことだけ考えよう!ってことで、マリー・ラザラス博士役の”ジル・ヘネシー”! 非常にお綺麗で、つきっきりの整備が羨ましくなってしまうほど、マーフィに嫉妬させていただきました。 なんだか時代を感じますが、それがまたいいというか。特にメガネ姿が良かったです。 マリー博士が完璧にヒロインみたくなってましたし、そのためにアン・ルイス巡査が「必要なし!」って殺されてしまったのだろうか. 先日久しぶりに家でのんびりと映画を見ました。見たのは「4番目の男 De Vierde man(1982年)」というオランダ映画。1987年に公開された『ロボコップ』第1作目の監督として知られるポール・バーホーベンの作品です。. ロボコップの3点バースト射撃の図。一目というか一聞きでロボコップが撃っているとわかるように描写されています。これは映画的。 ロボコップの出動です。 コンビニ強盗と軽く片づけます。 強盗はステンマークのサブマシンガンを使用。. それもありか、って気分にさせてくれました。. なお、当記事でご紹介している映画『ロボコップ』の動画配信状況は年10月現在のものになります。 VOD(ビデオオンデマンドサービス)は配信状況が流動的なので、詳細は各サービスにてご確認ください。. えッ? お前は何がしたいのか、と。 というかロボコップは遅いので、あんだけ動けて腕を切り落とすぐらいの刀さばきだったら、圧勝しておかしくないと思うんですよ。 それが結局3人とも敗れ、しまいにはそのうち2人は同士討ちって.

William Forsche 2,056,129 views. ,6点なんとなくタイトルからメカ警官が. Dead or alive, you&39;re coming with me. 今回のロボコップはタイトルからわかるように3作目となっています。 同僚役のナンシー・アレンや、署長役のロバート・ドクィなど出演者は1作目&2作目と変わりありません。 しかし、なんと主役のマーフィ役であった”ピーター・ウェラー”が出演しておらず、代わりに”ロバート・ジョン・バーク”が代役をしています。 その理由としては「同時期に映画【裸のランチ】という別の映画出演の為スケジュールが合わず主役交代になった」とのこと。 まあ、確かにロボコップはほとんど頭に金属つけて顔見えないですししね. ※映画を見ようとしている人はご注意ください。 都市再開発計画を進めていたオムニ社は、街に住む邪魔な住民を排除しようとしていた。 雇われた私設の特殊部隊リハッブは好き勝手に住民を追い出そうとする。 そのため一部の住民たちが団結し、警察倉庫から武器を盗む。その住民の中には、両親と離れたニコという少女もいた。 市民の安全を守りたいロボコップだが、「オムニ社には逆らってはいけない」というプログラムがあり思う通りに動けない。 そんな中、市民を守ろうとしていたアン・ルイス巡査がリハッブの司令官”マグダゲット”に殺されてしまう。 ロボコップも損傷してしまうが、住民たちによって助けられる。 ロボコップ 1987年の映画 一方オムニ社を買収した日本の企業「カネミツ・コーポレーション」の圧力によりオムニ社の社員の自殺が多発。 そしてカネミツ・コーポレーションはロボコップに対抗するためのアンドロイドを開発していた。 ロボコップを修理するために合流したマリー・ラザラス博士。ロボコップは修理したが、同時に住民たちの隠れ家が襲われてしまう。 マグダゲットは、デトロイト警察に住民の強制退去をさせようとするが、署長を始めとする警察官達はこれを拒否。警察官の証であるバッジを捨てて去ってしまう。 そのためマグダゲットは、ギャング達に武器を持たせ兵力を高める。 市民反乱軍のためにデトロイト警察官達は協力し、リハッブとギャングの連合軍に立ち向かう。 その頃、ロボコップの前にカネミツのアンドロイド現れ、ロボコップに襲い掛かる。しかしロボコップはそれを撃破! リハッブの攻撃に窮地だった市民達だったが、フライトパーツを装着したロボコップが助ける。 その後オムニ社でさらに2体のアンドロイドに襲われるが、ニコと協力しそれを撃破。さらに敵の爆弾でマグダゲットを殺し、街を救う。 最後はオムニ社のCEOに「マーフィ」声をかけられるが、『友達は“マーフィー”と呼ぶ。君達は“ロボコップ”と呼ぶ。』と言い放つ。.

ある程度設定を踏襲していますが、1987年のロボコップとは別物です。 俳優や相棒、家族、テクノロジー等の世界観が大きく変わっています。 映画自体の技術も今作はかなり上がっています。 「全然違う!. - Duration: 1:37. com 個人的には 『1』がやっぱり一番好き なのだが、『1』のヴァーホーベンに代わって『2』のメガホンをとったアーヴィン・カーシュナーの「ロボコップケイン」への異様なほどの執着っぷりやフィル・ティペットのストップモーションによるVFX、バカバカしい描写と気持ち良いまでに. ロボコップ(1987)の映画情報。評価レビュー 680件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ピーター・ウェラー 他。 近未来のデトロイト。犯罪の多発するこの地域では、警察の経営が民間の巨大企業オムニ社に委ねられていた。. 1987年のシリーズ第1作『ロボコップ』で脚本を手がけたエドワード氏は、同作について「30年後も語られる映画になるとは思っていなかった」と振り返る。「試写で観客が笑ってるのを見て“成功するかも”とは思いましたが、これほどの成功になるとは、誰. ・ストーリー 財政危機により警察の経営が民間企業オムニ社に委ねられている近未来のデトロイト。 デトロイトに着任したばかりの警官、アレックス・マーフィーは同僚のアン・ルイスと共に強盗事件の捜査中、犯人のクラレンス一味に惨殺されてしまう。その後マーフィの遺体はオムニ社に回収され、若手幹部のモートンが立案した『ロボコップ計画』によりサイボーグ警官・ロボコップとして蘇ったのだった。 デトロイトの治安を取り戻す切り札として活躍を続けるロボコップ。しかしある日、失ったはずの『マーフィー』の記憶が蘇り始める。自分を殺した凶悪犯・クラレンス・ボティッカーを追い始めたロボコップは、やがてクラレンスの背後に親会社オムニの最高幹部が潜んでいる証拠をつかむ。 黒幕リチャード・ジョーンズを逮捕すべくオムニ社に乗り込んだロボコップだったが―――。 ・作品解説 ロボコップのデザインには(実際の経緯は明らかでないものの)日本の特撮TV番組『宇宙刑事シリーズ(メタルヒーローシリーズ)』の影響がうかがわれるが、実弾飛び交う内容とヒーローの(ロボだけに)超人的なガンプレイ(背後の敵を振り返りもせず撃ち倒す、など)は、. · 映画 ロボコップ CM 1988年 ko ku.

Robocop on set and getting suited up for ロボコップ 1987年の映画 the 1987 film. . 『ロボコップ2』 (RoboCop 2) は、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。 映画『 ロボコップ 』の続編である。 監督は アーヴィン・カーシュナー 。. 近未来のアメリカ。オムニ・コンシューマー・プロダクツ(OCP、日本では一貫してオムニ社と通称される)によって街全体が支配下に置かれたデトロイト。デトロイトは犯罪都市としての側面も持ち合わせていた・・・。 デトロイト警察(DPD)の警官アレックス・マーフィー巡査はアン・ルイスと共に指名手配中のクラレンス一味を追い、クラレンスのアジトを発見するも・・・・マーフィーはクラレンス一味によって惨殺されてしまう。 マーフィーはOCPが推し進めていた「警官をロボット化する計画」の元、”ロボコップ”として甦る。 ロボコップが投入される事により、デトロイトの治安は徐々に回復していった。そんな折、ロボコップことマーフィーは改造される以前の記憶を取り戻し”ロボットと人間との狭間”で苦悩する・・・・。. 『ロボコップ〈1987年〉』は1987年の映画。『ロボコップ〈1987年〉』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォト. See full list on cinemarche.

『ロボコップ』(RoboCop)は、1987年に公開されたアメリカ映画およびこの映画に登場するサイボーグの名称。殉職した警官の遺体を利用したサイボーグ警官「ロボコップ」が活躍するバイオレンス SF アクション映画である。 ロボコップ 1987年の映画 映画(洋133) ロボコップ 1987年作品/今でも面白い | ビート・マンのブログ 新型コロナウイルスに関する情報について ホーム ピグ アメブロ. 『 ロボコップ 』( RoboCop )は、 ロボコップ 1987年の映画 1987年 に公開された アメリカ映画 およびこの映画に登場する サイボーグ の名称。 殉職した警官の遺体を利用したサイボーグ警官「 ロボコップ 」が活躍する バイオレンス SF アクション映画 である。. よく言えば、普通におもしろい。悪く言えば、特徴がない。まさにそんな3作目でした。 やはりロボコップといえば、あの「理不尽な暴力」なんですよね。あのなんとも言えない無秩序で訳の分からない感じ。 見ていて『いや何でだよ!』とツッコミたくなるあの感じです. ロボコップは1987年に公開された映画「ロボコップ」に登場した. ポール・バーホーベンが母国オランダからハリウッドへと渡り、『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』(1985)に続いて発表されたのが本作『ロボコップ』です。 キャラクターとしての“ロボコップ”というものは、おそらく日本でも知らない人はいないというくらい高い知名度を誇っていると思います。 しかし、このポール・バーホーベンが描いた映画としての『ロボコップ』というものがどんなものであったかを正確に認識している人はそう多くはないでしょう。 この作品は単なるSFアクション映画ではないのです。バイオレンスと皮肉にまみれた世界観に加え、“人間”と“人間に似たもの”の境界で苦しむ一人の刑事の悲哀に満ちた作品なのです。では、順を追って見ていきましょう。 同時代のSFアクションもの(例えば『ターミネーター』など)と比べてもそのグロテスクな残虐性は際立っており、どちらかというとジョージ・ミラー監督の『マッド・マックス』(1979)や、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』(1986)の世界観に近いでしょうか。国によっては、公開時に一部をカットせざるを得ないような事態になったほど強烈な暴力描写が非常に多いのが特徴です。 また、随所に散りばめられたTVコマーシャルによる痛烈な皮肉が込められた演出は、ポール・バーホーベンの持ち味ともいうべきもの。後の『トータル・リコール』(1990)や『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997)でも見られるように、こういった広告媒体は彼の作品では欠かせないアイテムなのです。 劇中で披露されるCMは、家族で盛り上がれる核戦争のボードゲームや、オゾン層が消えても使える青い日焼け止めクリーム(ただし皮膚ガンを発症する恐れがある)、はたまた盗難防止に電気ショックを与える機能がついている車など様々。 これらの広告は本編に直接関わってくるという訳ではないものの、劇中の世相を反映させることに一役買っていることに加え、当時の西側諸国=行き過ぎた資本主義社会への大いなる皮肉が込められているのです。 それは、商品を売るためなら何でもするという企業の危険な姿勢であり、実際にそうなり始めていた社会への警鐘の意味が込められていたのではないでしょうか。 そもそものストーリーの大前提であるオムニ社という民間企業が警察署を所有していること自体にもこのことが良く表れています。彼らが.

1987年の作品『ロボコップ』のリメイク作品。何故に今『ロボコップ』?という気もしますが、敢えてそこには触れないことにします。さて、今回のリメイクに際して、舞台がデトロイトで、ロボット企業がオムニコープという所はオリジナルを引き継いでいますが、それ以外の設定は、だいぶ. ロボコップ(1987年 SFアクション映画) 関連キーワード: 1980年代(214) アクション映画(252) ナンシー・アレン(3) ピーター・ウィラー(1) 監督 ポール・バーホーヘン(5). ロボコップ 1987年の映画 ロボコップ(1987)の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織. ・ストーリー 多国籍企業カネミツに買収された*3オムニ社は、オールドマン前会長の念願だったデルタ・シティ建設に着手。そのためにカネミツに雇われたポール・マクダゲット隊長率いる私設軍隊リハッブ隊は、立ち退き命令に従わない計画予定地の住民たちを暴力的な手段で次々と更生施設へと送り込む一方でメディアに圧力をかけその事実をもみ消していた。 その襲撃の際に両親とはぐれた少女・ニコは、レジスタンスを結成し抵抗活動を続けていたバーサ達によって助けられる。 凶暴なストリートギャング・SP(スプラッタパンクス)逮捕の帰りにニコと出会った事でそこの事を知ったロボコップはルイスと共に、施設からの脱走者達を逮捕しようとしたリハッブ隊に抵抗するも反撃にあい、ルイスは死亡。そしてロボコップも大ダメージを負ってしまう。 その後レジスタンスによって助けられたロボコップは、オムニ社を裏切ってレジスタンス側についたマリー・ラザラス博士によってオムニ社の支配から解放され、ルイスの仇を討つべくレジスタンスと共にリハッブ隊と戦うことを決意する。 その頃、計画の遅れに業を煮やしたカネミツによって派遣された最新鋭の忍者アンド. 近未来のデトロイト。犯罪の多発するこの地域では、警察の経営が民間の巨大企業オムニ社に委ねられていた。ある日、オムニ社は凶悪な犯罪を激減させるため、重装備の大型警察ロボットを開発。これは失敗に終わるも、サイボーグ警官ロボコップの製造計画に着手する。そんな中、地元警官. わかりますか? 1作目はまさにそんな感じの映画で、見ていてある意味退屈しない、非常に良き映画でした。 これは2作目でもあまり見られなくなってしまい、今回の3作目に至ってはそれすらも感じさせない綺麗な仕上がり。 うーん。綺麗に仕上がった映画は好きですが、ロボコップが好きな人私からしたら最悪ですよ。 我々が求めているロボコップはコレジャナイ!って声が今にも聞こえてきそうです これは2作目のレビューでも書きましたが、きっと視聴者からのクレームだと思います。 ただ、微妙に良かったのは「オムニ社員が自殺しまくる」というシーン。 なんとなくロボコップのカオスな感じが滲み出てて、唯一”ロボコップらしさ”を感じることができましたね。 さて、今回。敵はリハッブという特殊部隊でしたが、期待どうり大したことのない人たちでしたね。 そして訳わからん日本企業の作った訳わからんアンドロイドも、大した見せ場なく終わりました。 1作目や2作目の方が圧倒的に敵に魅力がありました。なので私はあのアンドロイドに文句を言いたい。 ジャンプして蹴っ飛ばす。そしてそれを繰り返す。. ロボコップ3 (原題 RoboCop 3) †.

原 題: RoboCop製作年: 1987年製作国: アメリカ出演者: ロボコップ 1987年の映画 ピーター・ウェラー, ナンシー・アレン監 督: ポール・バーホーベン 感想20年以上前の作品ですが、今見ても十分面白いです。. 【公開】 1987年(アメリカ) 【原題】 Robocop 【監督】 ポール・バーホーベン 【キャスト】 ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ロニー・コックス、カートウッド・スミス、ダン・オハーリー、ミゲル・フェラー、ロバート・ドクィ、フェルトン・ペリー、レイ・ワイズ、ポール・マクレーン、ジェシー・D・ゴーインズ、デル・ザモラ、カルビン・ファン、リック・リーバーマン、リー・デ・ブロー、マーク・カールトン、エドワード・エドワーズ、マイケル・グレゴリー 【作品概要】 『ルトガー・ハウアー/危険な愛』(1973)で第46回アカデミー外国語映画賞にノミネートされるなどの実績があったオランダ人監督ポール・バーホーベンが監督したSFアクション映画。 エドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーの手による見事な脚本や、バーホーベンの巧みな手腕により低予算ながら凄まじいメガヒットを記録。第60回アカデミー賞(1988年)編集賞、音響賞にもノミネートされた作品。. ・ストーリー ロボコップ誕生から10年。オムニ社管理の下、『世界でもっとも安全な町』へと変貌を遂げたデルタ・シティ。しかし、その影で腐敗は進行していた。野心あふれる二人のオムニ幹部、ダミアン・ロウとサラ・ケーブルの強引な権力闘争、そしてかつてオムニを追われたマッドサイエンティスト・ケイディックの復讐劇が、オムニとデルタ・シティを破滅へと導いていく。 その混乱と闘争の渦に、10年間町の治安を守り続けたロボコップ―――アレックス・マーフィーと、成長し、今やオムニ幹部へと出世した息子ジェームズ・マーフィーも巻き込まれていく。そして、邪魔者となったロボコップを抹殺すべく送り込まれたのは、マーフィーのかつての同僚、ジョン・ケーブルを改造した新型ロボコップだった―――。 ・作品解説 前作から10年後という設定で新たに制作されたTVシリーズ(90分枠・全4話)。 おなじみ低俗路線丸出しのCMシーンなどは引き継がれているものの、全体的には巨大企業やテクノロジー、そして『人間』の暴走を描いたシリアスな内容。改造前のマーフィーを描く回想シーンもあり、ちょっとした刑事ドラマ的な迫力である。前のTVシリ. ロボコップ のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. なんにしても、非常にロボコップらしくないロボコップでしたね。。. See full list on dic.

ロボコップのサイドアームであるオート9は、ベレッタ 93Rを改造して製作されたプロップガンである。主な特徴は、コンペンセイターとバレルウェイトを兼用する大型パーツ、アイアンサイトの大型化、プラスチック製のカスタムグリップなど。設定では装弾数50発とのことだが、実際はオリジナルの93R同様、20連弾倉を使用している。通常はロボコップの右太腿部に収納されており、自動で出し入れする。 その威圧的な外見で人気が爆発し、ジャッキー・チェン主演の実写版『シティーハンター』や、PC恋愛ゲーム『FESTA! ・ストーリー 前作から一年後のデトロイト。 街にはヌーク教団が密造する新型麻薬ヌーク(NUKE)が蔓延し、中毒者による犯罪が多発していた。 これを食い止めるべくロボコップたちはヌーク教団の壊滅に乗り出し、一度は教団の罠にかかってバラバラにされるも復活し遂にボスであるケインの逮捕に成功する。 その頃、デトロイトを完全支配し再開発を計画するオムニ社はその目玉として新型ロボコップの開発に着手するも次々と失敗。その後、心理学者のジュリエット・ファックス博士の主導でロボコップ2を開発する。 その素体に選ばれたのは、なんと逮捕されたケインであった―――。. -HYPER GIRLS POP-』など、『ロボコップ』とは関係の無い作品にも登場している。 なお、3作目のオート9の発砲シーンでは、諸般の事情から92Fをベースに製作されたプロップガンが使われており、銃の構造の関係から3点バーストは再現されておらず、フルオートとなっていた。このため劇中、92F同様のスライド部のセレクターが窺える。この92Fベースのオート9は、のちに映画『シン・シティ』でブルース・ウィリス演じるハーティガンが殺し屋から奪って使用する銃として、チョイ役ながら登場している。. ロボコップ(1987年の映画)の記事へ戻る « 前へ ロボコップ 1987年の映画 1. ロボコップがイラスト付きでわかる! 『ロボコップ』(RoboCop)とは、1987年公開のアメリカ製SFアクション映画。またその主人公である警官ロボットの名称。.

殉職したアレックス・ジェイムズ・マーフィー巡査がOCPのプロジェクトによりサイボーグ化されて甦った姿。マーフィーの顔(顔面皮膚)、脳、臓器、生体組織等がメカと一体化している。正式名称は「OCPクライム・プリヴェンション・ユニット001」(OCP Crime Prevention Unit 001、「OCP犯罪防止ユニット001」の意)。. ロボコップ〈1987年〉 近未来のアメリカ。 犯罪発生率の最も高いデトロイトは、巨大コングロマリット・オムニ社に支配され、警察まで企業化し、その傘下にあった。. まさにアメリカ映画その.

ロボコップ プライム・ディレクティヴ (原題 RoboCop: Prime Directives) †. ロボコップ2 (原題 RoboCop 2) †. . 1987年公開の映画『 ロボコップ 』の直接的な続編となる『 ロボコップ ・リターンズ(原題)/ RoboCop Returns』に進展があった。降板した『第9地区.

1987年公開の映画『ロボコップ』の直接的な続編となる『ロボコップ・リターンズ(原題)/ RoboCop Returns』に進展があった。. 次へ » キーワード「ロボコップ(1987年の映画)」でニコニコ動画を検索. ロボコップの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。瀕死の重傷を負った警察官が全身を機械化したロボコップとなって活躍. Unsubscribe.

第1作。序盤のクラレンスのアジト、マーフィーがエミールを追いつめて; “Go ahead and do it. 近未来のアメリカ、ミシガン州デトロイト。かつて自動車産業で栄えた姿など影も形もなく、警官殺しのクラレンス・ボディッカー率いる犯罪組織が蔓延る暗黒の街へと化していました。 この街に本社を置くオムニ・コンシューマー・プロダクツ社は警察運営すらも支配下に収めていた巨大企業。彼らは人員不足で悩む警官の待遇などお構いなしで、労働組合からの抗議など一切耳を貸しませんでした。 そんな時、この街に転任してきた一人の男マーフィ巡査がデトロイト警察の西分署を訪れます。リード巡査部長に迎えられ、この街を生き抜く厳しさを伝えられた後、彼とコンビを組む女性巡査ルイスと早速パトロールへと出掛けることに。 一方オムニ社で開かれた会議では、副社長のジョーンズが新型警察用ロボットED-209をお披露目していました。しかし、未完成にも関わらずジョーンズの独断によって発表されてしまったために故障を起こし、重役の一人を誤って殺してしまいます。 失望の色を隠せないオムニ社会長。副社長のジョーンズの出世を阻もうという野心の持ち主であった若い重役のモートンは、ここぞとばかりに彼自らが開発を指揮していた“ロボコップ(サイボーグ警官)・プロジェクト”を進言し、会長からの承認を受けました。 その頃、パトロールをしていたマーフィとルイスの下へ強盗事件発生の一報が入ります。犯人はクラレンス一味。カーチェイスの末の銃撃戦となり、一旦は逃げられたもの、再び工場跡地で発見しました。 無謀にも応援を待たず、二手に分かれて突入した二人。袋小路に陥り、囲まれてしまったマーフィ。クラレンスたちは容赦なく彼を撃ち抜きました。何発も何発も彼の身体を銃弾が貫いていったのです。 ルイスが駆け付けた時、かろうじてまだ息が合ったものの瀕死の状態だったマーフィ。すぐさま病院に運ばれるも、すでに手遅れでした。 “候補者”を探していたモートンはマーフィを格好の材料として利用し、かくして誕生したサイボーグ警官“ロボコップ”。マーフィとしての記憶や感情は全て消去され、機械として生まれ変わったのです。 早速西分署へと配属されたロボコップは、搭載されたプログラムと攻撃動作のチェックを行いました。射撃練習場で披露した専用銃「オート9」の圧倒的な破壊力に感心する署員をよそに、ルイスは別な角度から注目していました。 生前のマーフィが見せていた西部劇のガンマンの. ロボコップにおいて、あくまで子供のころに一番好きだった要素は、前述通りの防弾性。工場でのシュートアウトでは、銃弾を弾くエフェクとがロボコップに、そして犯罪者どもには過剰血糊エフェクトの応酬でした。 なんででしょうね。. 低予算ながら、興行収入が5300万ドルも越えたSF映画。 本作におけるロボコップの設定等が当時の視点から見て秀逸であると大きな話題を呼んだ。ヒーローものらしからぬ、余りにも激しい残虐・暴力描写でR指定を受けた事でも有名。 ロボコップの特殊メイク、ED-209やロボコップ2号機(続編2に登場)の迫力あるストップモーション・アニメーションも見所の一つ。 尚、ロボコップの外見デザインにおいては日本の特撮『宇宙刑事ギャバン』に大きな影響を受けている事でも知られている。 ※ポール・バーホーベン監督が直接バンダイへ許可を求める手紙を送り、バンダイ側は許諾した。 年にリメイク版が公開された。.

See full list on mgdb. ” (やってみろ。殺してでもしょっ引いてくぞ) 中盤でも飛び出し、ロボコップが自分の過去を知るきっかけとなるセリフ。 『プライム・ディレクティヴ』にも同様のセリフが出てくる。. (1987年 アメリカ)近未来のデトロイト。民営化された警察を経営するオムニ社は、大規模再開発計画を円滑に進めるためにも街の治安回復が重要課題となり、その切り札としてロボコップ計画を立案する。. See full list on 721st. オート9 (Auto 9) †. 映画「ロボコップ(1987年) 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ロボコップ(1987年) のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは SF映画 です。.

/29-c323cbb0 /79-c185d5d73 /ea228002884de-25 /176765-2